« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

フラワーサークルLeaf☆9・10月のレッスン

フラワーサークルLeaf☆9・10月のレッスン作品が決まりました。

A.フラワーボックスのアレンジ

茶色の皮のボックスにプリザーブドフラワーの薄いブルーのバラとカーネーションをアレンジした作品です。

棚に置いても、壁に掛けても、どちらでも飾れます。

Image_6  B.ピーチ色のバラのワイヤーフレーム

プリザーブドフラワーのピーチ色のバラを、右写真のような、縦型壁掛けタイプのワイヤーフレームにアレンジた作品です。

ワイヤーフレームは幅17㎝、縦40㎝。細長いスペースに飾るのにピッタリですね。

C.かぼちゃの馬車のアレンジ

レッスンはハロウィン間近ですが、かぼちゃといっても、かぼちゃの馬車のアレンジです。

シンデレラの気分で、ピンクのファーと白いバラをアレンジします。

Image_9 Image_11   D.ワイヤーシューズのアレンジ

シンデレラといえば、ガラスの靴。

今回は馬車と同じ、白とピンクのプリザーブドフラワーのバラを、白いワイヤーシューズにアレンジしますよ。

9・10月はちょっとエレガントなアレンジでまとめてみました。プリンセス月間です

作品の予約は7月31日までに、メールでお願い致します。

作品を予約された方には、8月半ば頃、レッスン日(10日程度)を連絡致します。予約数に応じて、都合の良い日をご予約くださいね。

都合の良い日がない方、家が遠い方には、花材と作り方をお送りする、通信レッスンもしています。

レッスンは10時から2時間程度です。

レッスンの後は手作りケーキとコーヒーのおしゃべりタイムもあります。お時間に余裕のある方は、参加くださいね

| | コメント (0)

ダイブ!!

  Photo「ダイブ!!」を読みました。(森絵都)

飛び込み競技に青春をかけ、オリンピックを目指す少年達の物語です。最近映画化もされましたよね~

すごく良かったです少年達のひた向きで、でも子供っぽいところが生き生きと描かれていました。

続編もぜひ書いて欲しい!!と思ってしまいました。

その他の最近の読書記録は・・・・・

Photo_10     Photo_12                                                                     

夢をかなえるゾウ(水野敬也)・・・ベストセラーですよね~ガネーシャの言う事は当たり前の事ばかり。そういう事を見つめ直す事が大切なのかなぁ?シャカと富士急ハイランドへ行くところが大好きです。

夜明けの街で(東野圭吾)

Photo_9 Photo_8  死神の精度(伊坂幸太郎)・・・非情に「可」の判断を下す死神がなんだか憎めません。

サクリファイス(近藤史江)・・・あまり知らなかったロードレースの話です。チームで闘うことの残酷さ。手に汗握る展開でした。

Photo_14 Photo_15  ちんぷんかんぷん(畠中恵)・・・若だんなとあやかしシリーズ最新作です。

ゆめつげ(畠中恵)・・・夢の世界に引き込まれる事で、実を見通すことが出来る神官が災難にまきこまれ・・・・・

Photo_17 Photo_19

鹿男あをによし(万城目学)

鴨川ホルモー( 万城目学)・・・ありえない、ちょっとばかばかしい話ですが、なんだか好きです。

Photo_21 Photo_23 Photo_27 Photo_30

ジェネラルルージュの凱旋螺鈿迷宮医学のたまご夢見る黄金地球儀(海堂尊)・・・・ジェネラルルージュが一番好きでした。次々と病院に運び込まれる患者を、的確に処置していく外科医がカッコイイんです。

ちょっと数が多いので、以下は写真と題名のみ・・・

Photo_35 Photo_31 Jpg   Photo_36   

Photo_40 Photo_41 Photo_42 Photo_43 

Photo_44 Photo_45 Photo_46 Photo_47

シグナル1_5 関口尚)/犬と私の10の約束(川口晴)/孤宿の人(宮部みゆき)/ウォッチメイカー(ジェフリー・ディーバー)/スタバではグランデを買え!(吉本佳生)/モップガール(加藤実秋)/一瞬でいい(唯川恵)/吉原手引草(松井今朝子)/私の男(桜庭一樹)/神の守人・蒼路の旅人(上橋菜穂子)/恋空(美嘉)/余命1ヵ月の花嫁(TBS)

マメに読書記録を書こう!と思いつつ、ついついためてしまう私・・・・相変わらずです。

そうそう、「余命1ヵ月の花嫁」を読んで、まずい!と思い、先日初めて市の乳がん検診へ行きましたよ~って・・・

初めて葉書がきてから、10年以上放置・・・遅すぎますよね~

| | コメント (4)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »